2017年7月21日金曜日

瀬戸内海へ調査の旅

ここ2~3年、わが社の調査船『第一海洋丸』に乗り込み、シェルナース調査のため瀬戸内海を巡るツアー?が恒例になっています。先週行ってきましたので、その珍道中をご紹介!

出発当日、岡山はどんよりとした曇り空。瀬戸大橋も普段はいい写真が撮れますが、曇り空には映えません…

しかーし!晴れ男である私にかかれば問題なし!現場に到着する頃には超晴れ空。基本、現場では船の上で待つ役割だったので、この晴天による暑さがボディブローのごとく体に蓄積されていきました(-_-;)

海の中は後に取っておくとして、初日の宿は、、、毎年恒例の船中泊。経費節約、という理由もあるかもですが、やっぱり1年に1回はこういう経験をしたいというのが本当の目的です(⌒∇⌒) 
食事ですが、これまでは島のスーパーで総菜やら乾きものやらを大量に買い込んでいましたが、今回は私の強い希望により鍋をつくることに。夏の暑い時こそキムチ鍋!!
男鍋は食材を分けて入れるという発想がなく、全て鍋にぶち込んだところ蓋が閉まらない(^^;
でも何とかなるもんで、しばらくして蓋を開けると、そこには食欲をそそる光景がっ!


そしてこの大鍋に作られたキムチ鍋を3人で速攻完食。船の中でおっさん3人が汗をだらだら流しながら鍋を囲む光景は圧巻です。

満腹と、心地よい波の揺れによりすぐに睡魔が襲ってきます。なんとも健康的な生活。風呂には入っていませんが。おやすみなさい(=_=)




二日目。やっぱり暑い!!!でも瀬戸内海はとてもきれいです。この日は朝から夕方まで調査づくし。そろそろシェルナースの効果についてもお話しましょうか。
調査場所は中四国を結ぶ『しまなみ海道』沿い。ここは10年ほど前からキジハタの放流、これに合わせて増殖礁などの基盤整備もされています。もともとの環境も良いのだと思いますが、近年はキジハタがかなり増えています。シェルナースでは50cmほどの大物から、6cmくらいの赤ちゃんまで、いろんな大きさのキジハタが同じ礁に生息しています。いろんな成長段階に合わせた餌場、隠れ場があるからでしょう(⌒∇⌒)

    こいつは50cmはある大物!     こっちは10cmくらいの坊や


さらに、試験釣獲としてお客様がシェルナースで釣りをされたところ、30cmオーバーのキジハタが1度に2匹も付いてきました!餌は1個の針にしか付けておらず、伴侶を追ってついてきたのか、それとも餌の争奪戦を繰り広げて誤ってかかってしまったのか、事実は聞けないので分かりません。。。


2日も汗、潮まみれになっていると、さすがに風呂に入らないとおかしくなってしまいそうなので、2日目は島の民宿に宿泊。風呂がチョー気持ちい!エアコンの入った布団で寝るのがチョー気持ちい!いつも何気なくやってることのありがたさを感じられる旅でもあります(´∀`*)

3日目、暑くて何も覚えてなーい!

来年も楽しみ!

おしまい。

2017年7月14日金曜日

ランニング②

そういえば先週、昨年はランニング目標『年間1000キロ』を達成できたか?をお伝えしておりませんでした。

結果は『達成』です。

ランニング用のアプリを使い、距離や回数を管理。目に見えて距離が増えていく、タイムが早くなっていくのを楽しみに継続して走ることができました。

しかし、2年目はなかなか厳しい (-_-;) 
継続することの難しさを実感しています。前回、出張時に走っていると書きましたが、走ると汗が滝のように流れてくるため、営業に支障が出るという問題が発生。現在自粛中です。走る回数が減るため、残りのノルマが増えていってしまいます。上で書いたアプリはあと週何キロ走れば目標を達成できるかをご丁寧に随時報告してくれます (`^´)

本日も朝から走りましたが、夏は湿度が高く非常にきつい!完走後はふらふらで、服も汗でびしょびしょになります!こんなに頑張ってるのに、あと1週間に22キロペースで走らなければなりません ( ノД`)シクシク… 


2017年7月7日金曜日

ランニング

先日、お客様から『スタッフのつぶやき見てますよー!僕も走ってて、この前のマラソン走った人のつぶやきは面白かったですねー!』と言っていただきました(私ではないですが (^^;)。

ランニングネタに需要があることが判明しましたので、第1回はランニングということで。

中学、高校は水泳・水球に明け暮れ、仕事はダイバー。もう水の中でしか生きられないような人生を歩んできたわけですが、ここ2年ほどは泳ぐよりも走ることの方が多くなっています。

『大会に出て良いタイムを出す』という目標は立てませんが、その代わりに『年間1,000キロ走る』という目標を立て、昨年はひたすら走りました。

これは1週間に20km弱を走れば達成できます。10kmを週2回は走れば簡単!と思うかもしれませんが、これを1年間継続することが難しい!しかも仕事がら出張が多いため、岡山にいる時だけではとても達成できそうになく、営業や調査に行った時にも走ることにしました。

毎日走る同じコース、同じ景色ではなく、その土地ならではの景色やハプニングに出くわせるので、なかなか楽しかったりします。

九州本土最南端の鹿児島県南大隅町佐多岬。アップダウンがかなり激しいし、しかも高温多湿でかなりしんどい!そんななか、目の前におサルさんを発見!ゆ~っくり通り過ぎようとしましたが、、、
このおサルちゃんが

フェンスをガシャガシャガシャー!と威嚇!
(左のサルもびっくり!)


愛媛県のしまなみ海道きれいな景色を見ながらのランニング。この時は船中泊で、終わった後は船から海へダイブ!


特に夏場ですが、私が営業で訪問した時に、なんか汗くせーなーと思ったら、朝から頑張って走ってきたんだなとご理解ください(^-^;

2017年6月30日金曜日

 前回、自転車屋にホイールとスプロケット(ギア)を注文した吾輩であるが、連絡が無いまま1ヶ月が過ぎそろそろ確認をしないと不味いなと思い自転車屋へ行ったのだが・・・自転車屋さん曰く忙しくてまだ着手していないとのこと。費用を前回10,000円ぐらいと書いていたが、実は予算を伝え忘れていたので今回始めて予算を伝えた吾輩であった(*ノω・*)テヘ よって、忙しいというよりは予算がわからないから後回しにされていたのだろう。しかも、時期が2月に頼んで確認しにいったのが3月、ちょうど新入生用の自転車を組立・納品している時期のようで、来店したときも納品する自転車を軽トラに積み込んでいる所であった。
 さらに、1ヶ月後の4月・・・もう新入生用の納入は終わっているだろう。しかし、連絡がない、忘れられてる?と思い連絡を入れると案の定、連絡を忘れていたようで物はあるので取りに来れば直ぐ渡せるとのこと。タイヤも付け直してくれて、コミコミ10,000円。自分で10,000円ぐらいでと行っておきながら最大で12,000円位かかるのではと思っていたのだが、ホイール+スプロケット+タイヤ付け直し工賃+スプロケット取付け工賃+ホイール廃棄まで含めては、かなり安いのではないかと思う吾輩であった。
 さっそく、駄MTBに取り付けて変速機の調整をして走れるようになったのだが・・・ペダルを漕ぐとゴリゴリと嫌な感触が足から伝わってきたのである・・・アレ?
 原因は何だという事で、我らがGo○gle様に聞いてみると「チェーンを変えたら治った」とか「BB(ボトムブラケット:ペダルのクランクがフレームに付いてる部分)のベアリングがダメになっている」とかでてくる。まだ、お金かかるのかよ∠( ゚д゚)/ 
 で、チェーンなら安目(3,000円くらい?)、BBなら高目(7,000円)である。また自転車屋へ行かないと思うのだが、いまだに放置している吾輩であった。

おわり

2017年6月23日金曜日

 さて、修理金額をネットで調べだした我輩であるが、新品の完組ホイール(自転車のホイールって自分で組み立てるものと完成品が有る)は安物で7,000~10,000円。もちろん、これとは別に送料から振込手数料がある。
・・・高い(TдT) 
この自転車、33,000円なんだが・・・修理すると完組ホイールの価格を超えそうだし。しかし、選択技はあるとは思えないし(;´Д`) とりあえず自転車屋に持っていって聞いてみよう。

 で、ホイールを持って自転車屋に診てもらうと自転車屋曰く、「こりゃーいってるなー」。案の定、ホイールの修理よりも完組ホイールに交換という運びとなった。ついでに、ボスフリー式のホイールからカセット式に変更してスプロケット(ギア)を高速用のものに付け替えることしたのである(ボスフリー式のスプロケットは使用できないので自動的に交換)。
もう半年前ぐらいなら間違って買ったカセット式のスプロケットがあったのにー。でスプロケットは付いてた14-34Tという低速よりのものから、ちと高速よりの11-28~32Tと希望を伝えて、費用10,000円ぐらいでなんとかとお願いをして帰った吾輩であった。

つづく