2020年9月25日金曜日

城址廻り4回目。最後は仕事やなくて里帰り中のランニング。

長男と甥っ子を連れて広島城に行ってきました。


季節は8月の夜明け前、嫁の実家から2人を連れて出発。もちろん最初はみんな元気、と言うか甥っ子はテンション高め。サッカー始めて足腰には自信があるそうです。あらかじめ距離は伝えてたんですがまぁこの不安は的中します。

 

小さく山越えをした後、以前もご紹介した1.2㎞で120mの高低差を駆け下り一気に街中へ。走る方はご存知でしょうが、山下りは結構足にキます。振り返ると甥っ子くん、顔は大丈夫そうですが、たまに思い出した様に走り出したりちょっと止まったりマズイ傾向。まだ1/4

 

平地に入り東へしばらく進み、北側から遠くに城を臨みます。ここで折り返し。

まだ涼しいと思っていた外気もこの頃からどんどん上がってきました。セミも絶好調。

そして明らかにいっぱいいっぱいな甥っ子。さぁどうしよ?


行きが下りなら帰りは上りなのは当たり前。待ちくたびれ気味の長男には先に帰ってもらい、最後の2㎞はほぼ歩き(ちょいちょい休憩)でなんとか帰宅。やれやれ。

 

この後、嫁からお小言をしっかり頂きました。一方、親御さんは冷静。

やりきった顔はしてましたがもう付いてこんやろうなぁ。

 

---

城内へは南側へ大きく回る必要もあったため、後日、小学生の末っ子も連れて改めて行って来ました。

 

広島城は西国の大大名となった毛利元就の孫・輝元により、太田川の形成する低湿な三角州を利用して築城されました。当時、一帯を己斐浦(こいのうら)と呼んでいたことから別名「鯉城」。

 

明治以降も軍都・広島の軍用地として引き継がれ昭和までその風格を示しますが、残念ながら1945年、原爆の破壊目標とされ崩壊してしまいます。しかし1958年、天守は鉄筋コンクリート製で市の象徴として復活を遂げ、その他、平成に入り〈馬出〉と言われる二の丸表御門なども当時の工法により復元され現在に至ります。


城内には被曝した樹木が散見され、マルバヤナギもそのひとつ。

たくましく生き続けるその姿は無言ながら命の強さを感じさせてくれるとともに、平和な令和の世へ感謝の意を表しているようにも見えます。


話がシリアスになりそうなので、謎のゆるキャラで締めます。

広島城再建60周年記念「しろうニャ」だって。

 

以上、今月のコラム担当でした。またね。



2020年9月18日金曜日

城址廻り3回目。予告通り今回は沖縄。

本島北部名護市の名護城(なんぐすく)。


季節は12月。学会の発表でおよそ12年ぶりに沖縄の地に降り立ち、天気はイマイチながら気持ちは高揚。ただ会場の恩納村周辺にはリゾートホテル立ち並び、ここはノリじゃ泊まれねぇと、さらに1時間北上した名護にホテルを取ることにしました。美ら海水族館近いしね。

 

泊まったホテルのすぐ脇にはいい雰囲気の居酒屋もあり、結局ここには3日間入り浸ります日々、オリオンビールと泡盛漬け。お世話になりました。



夜は倒れても、一応仕事で来ています。すっきりと会場に向かうためにも朝走っておきたい。というわけで、市街東側に広がる名護岳上の名護城に向かうことにしました。


まずはホテルを出て国道58号線を東進。大通りながら店舗もギチギチに並んでいるわけでなく、素っ気なくも素朴な沖縄独特の街並みが続きます。看板が無いため、何度となくGoogle mapを確認しますが曲がるたびに道が細く合ってんの、これ?


左手側に見える低い山上へ向かうやや開けた車道を見つけ、ここから約1km登ります、登ります、登ります。胃からも汗が噴き出す感覚。


途中から未舗装の道に逸れさらに登ります。徐々に何やら原野になってる気が

ちょっと待て、ハブって年中無休ですか?


これを越えると開けた広場が。 あれ?これが名護城址??

ちょっと意外でした。帰宅後調べてみると、名護城は14世紀頃の地方豪族である名護按司の居城として築城。時代的にもいわゆる石垣などは無かった様です。ここからは市街地を見下ろせず、庁舎的な役割は少なかったことが分かります。


ここから西側に名護神社を通り抜け、再び名護市街へ。

大幅に時間をオーバーしてホテルへ戻り、大急ぎで学会会場へ向かいました。

---

最終日、飛行機まで時間があったので少し足を伸ばし今帰仁城(なきじんぐすく)へ。こちらはドライブ。


全長約1.5kmの堅牢な城壁は14世紀頃、名護を含めた沖縄北部一帯を治めていた北山王国の首都として威風を示しており、200011月には首里城跡などとともに〈琉球王国のグスク及び関連遺産群〉として世界遺産にも登録されています。


2月には満開を迎えるヒカンザクラもすでにちらほらと咲きはじめており、1時間程度その遺構を楽しんだ後、家路につきました。次はやはり夏に行きたいですね。

2020年9月11日金曜日

城址廻り2回目。前回は山の上だったので今回は海城を。

大分日出町の日出城。別名を暘谷城(ようこくじょう)と言います。

なんだかカッコイイ!


別府湾の北側に位置し、関ヶ原後の1602年に木下延俊により興された日出藩の藩庁として築城。木下家と聞いてもピンと来ない方も多いのですが(私も調べながら書いてます)、明智光秀の盟友・細川藤孝の娘婿と言えばやっぱ分からん。


先に書いた通り南に別府湾を臨み、その海岸に湧く真水に洗われたマコガレイは〈城下カレイ〉と呼ばれ、むしろこちらの方が有名かもしれません。


ランニングで訪れたのは5月のまだ涼しい早朝。前日に飲み過ぎて胃が裏返りそうな中、わずか1km足らずのホテルから向かいました。JRの線路を越え、標識に従って進むと鬼門櫓の姿が。最初、これが天守かとも思ったんですが周りに堀も無く余りにも道路沿いにポツンとあるので、そのまま奥に見える堀に沿って時計回りに進むことにします。


西に進むとすぐに「町立日出小学校」の看板(後で調べると、明治維新に合わせて売り払われた様子)。早朝とは言え何となく酔っ払いが足を踏み入れるべきでは無いと感じ、そっと後退。

その横には銅像。帆足萬里と瀧廉太郎でした。瀧家は日出藩家老の血筋で、その菩提寺も近くにあるとのこと。

〈荒城の月〉も日出城のことか、とこの時勝手に得心(どうやら違ったようです)。

一方、「豊後の三賢」のひとりと言われる帆足萬里…ごめんなさい、知りません。また勉強しておきます。

そのまま石垣に沿って松林を抜け、南に向かい海岸線へ。ここまで全く酔いが覚めていなかったんですが、眼前に別府湾が広がり、足元に小さな定置網も見られた光景に少し気持ちが落ち着きました。


海岸から見上げるとなかなか壮観。天守が残っていればさらに迫力があったんでしょう。

今気付きましたが海撮ってなかったですね。


往復でわずか2.5㎞の道のり。アルコールもそこそこ抜け、その後、いつも通り調査を済ませ帰路に着きました。


----

次回は沖縄。泡盛に散ります。

 

2020年9月4日金曜日

どうも お久しぶりです。

海洋の「走る」担当も前回から約2年。

 

今年はコロナの影響で残念ながら目的のマラソン大会は全て中止です。

過去大会を振り返るのもいいんですが、せっかくなのでここ数年、出張時のランニングにかこつけて各所の城址廻りをしてきましたので、今回はそちらをいくつか紹介したいと思います。

 

まず1回目は熊本県芦北町の佐敷城

 

戦国後期に豊臣氏より肥後国を預けられた加藤清正により築城され、薩摩国の島津氏の侵攻を食い止める要害として活躍したようです。城郭はすでに失われていますが、現在も九州西部を縦断する国道3号線と内陸に向かう人吉街道の合流点を見下ろし、当時、重要な拠点であったことが窺われます。


ランニングに行ったのは4月早朝。薄明かりの中、国道3号線から佐敷川沿いに回り込み石畳が敷かれた街並み保存地区へ。その奥から花岡山上にそびえる石垣に向かって舗装された道路を登っていくと「佐敷城跡」の看板が見えます。標高88mとはいえこの時点でかなりヘロヘロ。


ここまでは車道が整備されていたんですが、これより上は山を削った当時を復元。

周りに誰もいないしうっかり足を滑らせたらシャレにならん、慎重に歩を進めます。ランニングなのに。

 

ぐるっと半周しながら、階段状に続く三の丸、二の丸を上がりようやくたどり着いた本丸から城下を見下ろすとこんな感じ。

↓は足元に佐敷川が見られるので東側でしょうか。

眼下には薄いながらも雲海が広がり〈天空の城〉を味わうことが出来ました。

こちらは西側。奥に八代海が見えている。はず。


日の出近く刻一刻と風景を変える中、来た道を戻り、この日も現場をこなして帰路につきました。

―――

これを書きながら、7月の豪雨災害でこちら芦北町でも佐敷川が溢れ住宅が冠水するなど大きな被害を受けたことを知りました。1日も早い街並みの復興と住まわれている皆様の心身のケアが成されることを願って止みません。



2020年8月28日金曜日

お土産の定番 吉備団子

 お土産に吉備団子の手づくりキットを頂きました。

キットが販売されていることを始めて知りました。

吉備団子が好きな私はどんな味になるのか楽しみにしていましたら、孫と孫の母親が作ってくれました。

味に愛情が加わり、一段と美味しく感じました。

些細なことを幸せに感じることができる環境に暮らせていることに感謝しています。

一ヶ月間コラムをご覧頂きましてありがとうございました。

まだまだ暑い日が続きます。

皆様どうかお体ご自愛下さい。


2020年8月21日金曜日

撮影の腕前がすごい

家族の知人に、鳥の写真を撮影する方がいます。

撮影した写真を頂きました。

写真を撮影する為に、どれほどの時間を費やしたのでしょうか。

鳥と出会うために、どのような苦労や楽しみがあるのでしようか。

根気、忍耐、知識、・・・、それに自然が大好き、鳥が大好きな方なのでしょう。

私は撮影時の状況などを想像しながら写真を観賞しています。

頂いた写真をご覧ください。

心が安らぎます。





2020年8月14日金曜日

残念

庭の一角に、猫の額ほどの菜園があります。

今年の5月にキュウリ、トマト、ナス、枝豆などを植えました。

しかし、今年は雨が多く日照不足の為か、キュウリも枝豆も葉っぱから枯れていき少ししか収穫出来ませんでした

でもトマトだけは例年と同じくらい収穫できており、今朝収穫をしました。

旬を味わっています。

自然相手の野菜づくりは難しいと実感しています。



2020年8月7日金曜日

宝物

八月のコラムを担当いたします。
一か月間よろしくお願いいたします。

我が家には小学6年生の孫がいます。
彼女は物づくりが大好きで、低学年のころから指あみマフラー、ミサンガ、ビーズの髪飾り・・・、ミシンが使えるようになった4年生ころからポーチ、手提げ袋、エプロン・・・・・いろんな物を作って楽しんでいます。

昨年の敬老の日には、主人と私にお揃いのがま口を作ってプレゼントしてくれました。
「使ってね」と言うのですが、もったいなくて使えません。
宝物として大切に保管しています。



2020年7月31日金曜日

1000回目まであと少し

2014年11月のつぶやきで679回目と書いています。
この時の計算が間違っていなければですが・・・

あれから5年が過ち、1000回目はいつだろうと数えてみました。

今回は977回目。あとは皆さんも数えてみてください。

1か月間、ありがとうございました。

2020年7月24日金曜日

自転車通勤

自転車通勤をはじめ2年が経ちました。
数年前のコラムに自己満足ですが・・・開脚まであと少し。と書いていました。
あれから時々ストレッチしています。
自己流ですが、痛みは感じないけれど適度な伸びが得られるところまで、静かに、ゆっくりとそして呼吸もあわせてやっています。ですが、開脚については現状あと少しです。

若いときは運動やストレッチをしなくても柔軟性がありましたが、今はストレッチを怠ると筋肉や筋などの突っ張り感があります。

これからも健康維持のため、現状維持以上になるよう継続します。

2020年7月17日金曜日

キイロテントウ

とても小さな虫を見つけました。見づらくて・・ごめんなさい。
飛んで行ってしまうと急いで撮りました。(本当は鮮やかな黄色)
 


テントウムシにしては小さすぎる。でも、手に取ると上に向かっていく。

この行動はテントウムシと思い、「黄色の小さなテントウムシ」で検索すると
「キイロテントウ」だと分かりました。

よく見かけるナナホシテントウの体長は8㎜くらい。
大きいものでは12㎜や2㎜ほどの小さなもの、色や柄も様々です。

黄色の小さなテントウムシは体長4㎜ほど。とてもかわいいです。
「幸運」「縁起がいい」など調べて幸せな気持ちになりました。

2020年7月10日金曜日

過去のコラムを見てみました

初回は2008年。
1週目は、子供と予防接種での出来事
2週目は、金魚すくいのこと
3回目は、子供の宿題のテーマは「石」
4回目は、ママさんフット

当時小学生と保育園児だった子供たち。
今は家を離れそれぞれ頑張っています。

子どもと一緒に過ごせる期間は振り返ると少ないですね。
毎日が慌ただしくて、でも毎日が楽しかった~ぁ。

私だけでなく、過去のコラムを読むと面白いですよ。

2020年7月3日金曜日

7月2日の日の出

7月のコラム担当です。
7月2日、自宅から撮影した日の出直後です。(数分早ければよかった~)


そこで、日の出は何時だろうと思い時間を調べてみました。
7月2日の日の出は4時56分。
日没も調べてみようと・・場所は倉敷市児島です
7月 2日は、日の出4時56分、日没19時21分。
7月31日は、日の出5時15分、日没19時07分。
1ヵ月で見ると日が短くなってきているのが分かります。

日が短くなってきていますが、
これから気温も高くなり、夏本番になります。

暑さ対策のため水分を取りましょう。
30分から1時間ごとにコップ半分の水分をこまめに摂取すると体内の水分量が安定し、代謝も活発になるそうです。

7月のコラムは5回。1か月どうぞよろしくお願いします。

2020年6月26日金曜日

新しい趣味

私は新しくトンボ玉を使ったアクセサリー作りをしようと思っています。
まだ準備できていませんが道具を揃えてトンボ玉を作ってオリジナルのアクセサリーを作ろうと考えています。
因みにこちらが前にトンボ玉作りの体験会で私が作ったものです。

これより凝ったものにしたいと思います。

2020年6月19日金曜日

第3の趣味

私の3つ目の趣味はボルダリングです。
年に数回程度しかやっておりませんのであまり成長はしていませんが登ることが楽しいのでいいかなと思っています(笑)
いつも手にまめができたり腕や肩が筋肉痛になったりしますがゴールにたどり着いた時の達成感が心地よくて自分のペースで何度でもチャレンジができるので楽しいです。

全身運動のスポーツなので定期的に行けば全身を鍛えるのにちょうどいいです。ただ私はお金の都合で通ってはおりません(笑)

2020年6月12日金曜日

第2の趣味

私の2つ目の趣味について書きます。
私の2つ目の趣味ギターです!
始めたのは高校生の時で練習をしてはいるのですが未だに下手くそです(笑)
こちらは自分のギターです。バイトを頑張ってエレキギターとアコースティックギターの2本を買いました!

早く何か曲が弾けるようになりたいです(笑)
そのためにも練習頑張ります!

2020年6月5日金曜日

初めてのコラム

初めてコラムを担当させていただきます。よろしくお願いします。
今年から入りました。初めての事ばかりで目まぐるしく過ごしています。
正直何を書けばいいのかがわからないので私のたくさんある趣味の話をこの6月一杯させてもらいます。
最初に書く趣味は最近あまりできてはいませんがお菓子づくりです。
こちらは以前作ったイチゴのムースです。



グラニュー糖の分量を間違えてあまり甘くないムースになりました(笑)
作るのはなかなか大変でしたが楽しかったです♪
また、いつかリベンジしたいと思います。

2020年5月29日金曜日

今年の夢

今年はこの「つぶやき」のおかげで1カ月前から準備が出来ました
心も 体も 道具も
(Heart & Body & Tackle)

心はイメージトレーニング十分 夢の中にさえ出てきます
体力はジムトレとプールで一年間鍛えに鍛え
道具は剥げるほど磨きあげました

残すところ中二日 来週(6月1日)は解禁日です
今年はどんなドラマが待っているのか
何年経ってもワクワクドキドキ
忘れ物なきよう頑張ります
腕も忘れないように
ですね
初期の鮎


終盤の大鮎

今年もぜひ 尺鮎をと願っています


自分の中で
尺鮎とは
長さが30.3㎝以上 そして 重さが300g以上です

コロナウイルスなんぞにゃあ まきゃあしませんぞ

ということで、61日の解禁日にはある河川に馳せ参じる予定としておりましたが、新型コロナによる「緊急事態」が解除されたとはいえ地元の方々には迷惑はかけられません。なので

・解禁日(お祭り騒ぎ)は人が多く、込み合うので行かない
・グループでの釣行はしない
・挨拶は丁寧に気配りを、そして川を汚さない


「三無」の実践をする必要があると考えています 押忍

長いお付き合いありがとうございました

2020年5月22日金曜日

竿

鮎竿の平均的な長さは9.0mと非常に長い
竿が短いと釣り人が鮎に近づくこととなり魚が逃げてしまうからです
昔は継ぎの竹竿8.0mで 1kg以上だったと聞いています
その後グラスロッドになり今はカーボンロッドです
9.0mで200gを切るような軽さです
技術の進歩は鮎にとっては
災難でしょう(笑)

たかだか鮎釣り
標準的な万能竿9.0mの1本
これで十分のはずですが さにあらず
この釣りにどっぷりと首まで浸かってしまうと
魚の大きさと河川の規模によって竿が異なってしまうのです
そうです 標準的な竿では尺鮎は獲れません
逆に尺鮎用の竿ではチビは獲れません

左2本・・・・初期22㎝迄 8.0mと9.5m
中央2本・・・中~盛期25~27㎝迄 9.5mと10.0m
右2本・・・・終盤尺狙い 10mと11m

入門するには高い敷居ですね
「道楽」と云う人も居ます

次回は最終回で 夢 を語らせていただきます

2020年5月15日金曜日

備品

めんどうくさいのですが
鮎釣りには色んな備品が必要
1個ずつあればことは終わるのですが
なかなか私のこだわりが許しませんでした
どの品も自分の歴史を感じる思いのこもった品々です

玉網
鮎は玉網で掬い取ります
当然 囮鮎と掛かり鮎の2匹を同時に掬います
浅場引き抜き用
これは中期までの中型鮎用で主に引き抜きに使います
実用性は釣り具メーカー作の物です
愛着十分なのは断然
天然木です
立ち込み深場用
これは大型狙いで川の中に立ち込んだ時に水流の影響を少なくするため
水に浮く木製 と 網目が大きいメーカー作
愛着十分なのは断然
天然木です
左2本は浅場引き抜き用 右2本は立ち込み深場用

曳船
鮎を活かしおくための容器です
腰のベルトに結んでおき自分の下流側で浮かせています
そして 玉網で掬った2匹の鮎のうち囮の鮎を投入し活かしておきます
(当然もう一匹の掛かり鮎は次の魚を掛ける囮として一働きしてもらいます)
標準タイプ
これは内容量6.5ℓで20㎝級だと10匹は入ります
機能的で使いやすい大きさです
(色違いで気分転換)
大鮎用
これは内容量9ℓで尺鮎が何本も入ります
ただ大きくて水流による腰の負担が大きいのと 大きすぎて強欲そう
ちと恥ずかしいのであります
左2個は標準タイプ 右は大鮎用

囮缶
曳船の中の鮎が一杯になると鮎を移しておくための容器です
真鍮製手作りの使い古したボロボロ
数十年来使用で愛着たっぷり

左は中・小型用  右は大型用

クーラー
猛暑の時期
私の体も魚も鮮度確保が命

 左は汎用クーラー(飲み物用 ビール食料保管用)
 右は真空クーラー(鮎の保存用 性能はピカイチ)

車も私にとっては備品
河原を走るための四駆 長距離運転 就寝可能
ということで
SUV車を乗り継いでいます

次の日の活力のため 睡眠が一番

次回は竿です

2020年5月8日金曜日

いでたち

鮎釣りは6月初旬に始まり 9月下旬で終わります
ほんのひと時の楽しみが鮎師を狂わせるのです
ただこの時期水温は大きく変化します
いでたちも大きく変化するのです

6月(初期)
6月初旬の水温は16~20℃です
長時間川に浸かっていると全身が震えて寒くて耐えられません
身体にも良くありません 神経痛も心配です
おのずと保温が大切となります
ドライタイツ5㎜です

7月(中期)~8月(盛期)
7月に入ると水温も上昇し20~25℃です
程よい水温で魚の活性も高くなり 釣りも大変面白い時期となります
寒くもなく 暑くもなく 標準的ないでたちとなります
タイツは3.0㎜です
8月に入ると猛暑日が続き水温も高い所では30℃となります
魚は土用隠れとなり昼間の活性は落ち 朝夕に追いがたつようになります
釣り人は地上の暑さから逃れ
どっぷりと水に浸かりっぱなしです
 非常に快適  極楽 極楽  です
タイツは1.5㎜です

9月(終盤)
この時期となると水温は下がり涼しさを感じ始めます
魚も産卵のために川を下り始め群れを作り釣り難くなります
がその中に獰猛な尺鮎が縄張りを持ち周りの鮎を蹴散らかしています
釣り人は激流に流されても決して死なないよう万全の装束で戦いを挑みます
ウエットスーツとスパイク付きの足袋
「どりゃ~~~~~~~~~~」
装束にも気合が入ります
勿論 狙いは尺です

左から 6月(初期) 7~8月(盛期) 9月(終盤)


次回は備品です


2020年5月1日金曜日

鮎釣りの魅力

2年ぶりの「スタッフのつぶやき」の順番です。コロナウイルスに振り回され、私達も謹慎生活を送っており これからの事が全く見えません。
せめてこの「スタッフのつぶやき」では少しでも自分に明るい希望をと思い、半年以上も待ちに待っている鮎の友釣りについて「私の思い」を綴らせていただきます。


1.鮎釣りの魅力
ということで私の釣りの中でも大好きで
キャリアだけは長い(かれこれ数十年)鮎の友釣りとしました
ましてや来月からは半年以上も待ちに待った 解禁なのであります
そりゃこの釣りを書かずして
何を書く
「釣りキチ三平」矢口高雄レフグラフファインより


鮎の友釣りの魅力

ゲーム性が高い
友釣りとは縄張りを持つ鮎の習性を利用して 囮鮎で喧嘩を仕掛け
狙った鮎を引っ掛ける釣りです
けっして口に針を掛けて釣る釣りではありません
先人たちの多くの経験から生み出された
悪魔の遊戯なのであります

魚が綺麗で美味い
「おらの川の鮎が一番美味い」
どの河川に行っても地元の方が言われます
皆さん故郷への愛着と自信が溢れに溢れていますね
冷たくて綺麗な水で 大水の後の新苔をたっぷりと食んだ
香り高き太っとい鮎が
一番です

引きが強い
6月ではたかだか20㎝
7月に入るとぷくぷくと太った24㎝
8月に入ると皮も少し硬くなり精悍となった28㎝
9月では精悍さを増して 一回り太くなった尺鮎 30.3㎝

9月の尺鮎との勝負ともなると
糸が切れるか  竿が折れるか  人が流されるか
男のガチンコ勝負となります
格闘技です



ここで引きの強さを力学的に説明します(興味の無い方はパス)

【ケース1 鮎釣り】
 竿の長さ…10m
 魚の大きさは30.3㎝…300g×2匹(囮含)=600g×水流係数1.5=900g=0.9kg
 作用力M(モーメント)=長さ×作用力=10m×0.9㎏ =9kg・m

【ケース2 ジギングでのヒラマサ釣り】
 竿の長さ…2m
 魚の大きさ…80㎝(4kg)
 作用力M(モーメント)=長さ×作用力=2m×4㎏=8㎏・m

そうなのです
鮎の引き力(9kg・m)>ヒラマサの引き力(8㎏・m)
数値的検証でも鮎釣りの方が引っ張る力が大きいのであります
体感としては二倍強いと思っています
たかだか30㎝程のお魚ですが
本当に良く引くのです

次回は装束(いでたち)を語ります